メニュー 閉じる

47NEWS

全国

全国

iPSから血小板1千億個 京大、輸血用に作製

2018.7.13 0:16 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
iPS細胞を使って作製した血小板(京都大iPS細胞研究所提供)

iPS細胞を使って作製した血小板(京都大iPS細胞研究所提供)

 血液成分の一つで止血作用がある血小板を、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用して、5日間で1千億個以上作れる技術を開発したと、京都大の江藤浩之教授らのチームが12日付の米科学誌セル電子版に発表した ...

関連記事 一覧へ