メニュー 閉じる

47NEWS

全国

全国

眠気の正体は脳内タンパク 筑波大チームが発表

2018.6.14 2:01 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
12日、文科省で記者会見する筑波大の柳沢正史教授

12日、文科省で記者会見する筑波大の柳沢正史教授

 脳内にある80種類のタンパク質の働きが活性化すると眠くなり、眠りにつくと働きが収まるのをマウスの実験で発見したと、筑波大の柳沢正史教授(神経科学)のチームが13日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表 ...

関連記事 一覧へ