メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

佐川国税庁長官が辞任 森友文書の混乱で引責

2018.3.10 0:49 共同通信

学校法人「森友学園」への国有地売却問題で批判を受けていた佐川宣寿国税庁長官(60)は9日、辞任した。政府の持ち回り閣議で決定した。財務省理財局長時代の答弁が「虚偽だ」と指摘され、決裁文書の書き換え疑惑でも国会審議を混乱させたとして責任を取った。事実上の更迭となる。佐川宣寿氏は9日夜、財務省で報道陣の取材に応じ「決裁文書の話が国会で大きな議論となり、文書提出時の担当局長だった責任を感じた」と述べた。