メニュー 閉じる

47NEWS

社会

社会

扉を開けて ルポ ひきこもり

仕事や学校に行かず、社会とのつながりを持たない「ひきこもり」。長期化 高年齢化が進む中、新たな生き方の模索や支援の現場をルポする。

第3部「沈黙」(6) 「20年布団かぶってる」 保健師、悩み受け止め

2017.10.26 18:49
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
岩手県洋野町で高齢者の相談に乗りながら、ひきこもり支援をする大光テイ子。保健師として40年近く働き、町民の信頼も厚い。

岩手県洋野町で高齢者の相談に乗りながら、ひきこもり支援をする大光テイ子。保健師として40年近く働き、町民の信頼も厚い。

 青森との県境に位置し、太平洋を望む岩手県洋野町。海の幸が豊かで、毎年夏に開かれる「ウニまつり」は多くの観光客でにぎわう。人口1万7千人ほどの小さな町だ。  保健師の大光テイ子(だいこう・ていこ)( ...

関連記事 一覧へ