メニュー 閉じる

47NEWS

社会

社会

扉を開けて ルポ ひきこもり

仕事や学校に行かず、社会とのつながりを持たない「ひきこもり」。長期化 高年齢化が進む中、新たな生き方の模索や支援の現場をルポする。

第3部「沈黙」(5) 介護が“橋渡し”に 内情明かさぬ親たち

2017.10.26 18:11
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
高齢者介護のための地域包括支援センターを拠点に、ひきこもりの人を支援につなぐ波田優子(仮名)。

高齢者介護のための地域包括支援センターを拠点に、ひきこもりの人を支援につなぐ波田優子(仮名)。

 福祉団体スタッフの古屋隆一(ふるや・りゅういち)(41)がひきこもりの相談に乗ってきた東日本のベッドタウンは、開発から半世紀近くがたち、住民の高齢化が進む。介護に訪れる専門職が今、ひきこもりの人を ...

関連記事 一覧へ