メニュー 閉じる

47NEWS

社会

社会

扉を開けて ルポ ひきこもり

仕事や学校に行かず、社会とのつながりを持たない「ひきこもり」。長期化 高年齢化が進む中、新たな生き方の模索や支援の現場をルポする。

第3部「沈黙」(4) 孤立無援からの脱却 「その先」を見つめて

2017.10.26 18:04
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
ひきこもり支援のため、古屋隆一(仮名)はさまざまな人と協力する。「知恵を出し合える仲間」が不可欠だ。

ひきこもり支援のため、古屋隆一(仮名)はさまざまな人と協力する。「知恵を出し合える仲間」が不可欠だ。

   福祉団体スタッフの古屋隆一(ふるや・りゅういち)(41)は、ひきこもり生活を続けていた30代の男性にようやく会うことができた。自治体と連携しながら本格的な支援を始め、男性を巡る環境は ... [記事全文]

関連記事一覧