メニュー 閉じる

47News

社会

社会

扉を開けて ルポ ひきこもり

仕事や学校に行かず、社会とのつながりを持たない「ひきこもり」。長期化 高年齢化が進む中、新たな生き方の模索や支援の現場をルポする。

第3部「沈黙」(2) 「親の責任」と支援拒む 認知症、行き詰まる生活

2017.10.26 17:51
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
古屋隆一(仮名)は15年近くひきこもっている30代男性の自宅を訪れた。だがインターホンを鳴らしても応答はなかった。(イメージ写真)

古屋隆一(仮名)は15年近くひきこもっている30代男性の自宅を訪れた。だがインターホンを鳴らしても応答はなかった。(イメージ写真)

 1960~70年代の高度成長期に大規模開発された東日本のベッドタウン。当時の子育て世代は高齢化が進み、地域のつながりも薄れつつある。自宅に15年近くひきこもっていた30代男性の姉が福祉団体スタッフ ... [記事全文]

関連記事一覧