メニュー 閉じる

47News

社会

社会

扉を開けて ルポ ひきこもり

仕事や学校に行かず、社会とのつながりを持たない「ひきこもり」。長期化 高年齢化が進む中、新たな生き方の模索や支援の現場をルポする。

第2部「救世主」(5) 「救いたいなんてうそ」 勤務初日に拘束術 

2017.8.30 19:24
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
角田正和が働いていた「全国回復センター」の施設。ひきこもりの人が集団生活をし、郵便受けは粘着テープで目張りされている。

角田正和が働いていた「全国回復センター」の施設。ひきこもりの人が集団生活をし、郵便受けは粘着テープで目張りされている。

 角田正和(すみだ・まさかず)(40)は、ひきこもりの人の自立支援をうたう業者が運営する施設で、約半年間働いた経験を持つ。「『救いたい』なんてうそ。彼らがやっているのは犯罪だ」。「引き出し屋」と呼ば ... [記事全文]

関連記事一覧