メニュー 閉じる

47News

社会

社会

扉を開けて ルポ ひきこもり

仕事や学校に行かず、社会とのつながりを持たない「ひきこもり」。長期化 高年齢化が進む中、新たな生き方の模索や支援の現場をルポする。

第4部「再起」(5) 新しい「仕事の形」 小さな役割つなぐ 

2018.1.13 10:00
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
自宅でネットオークションの画面を見つめる吉川修司。ひきこもりの人たちが自らの手で、新たな「仕事の形」を考えようという試みだ。

自宅でネットオークションの画面を見つめる吉川修司。ひきこもりの人たちが自らの手で、新たな「仕事の形」を考えようという試みだ。

 壁掛け時計300円、ハイパワー除湿器800円…。A4サイズの紙に品目と落札額が並ぶ。吉川修司(50)は「まだまだビジネスと呼ぶにはほど遠いですよ」と控えめに話した。  自身もひきこも ... [記事全文]

関連記事一覧