欧米3氏にノーベル化学賞 狙った化合物、素早く作製

ノーベル化学賞を(スクリーン左から)キャロリン・ベルトッツィ、モーテン・メルダル、バリー・シャープレスの3氏に授与すると発表した記者会見=5日、ストックホルム(スウェーデン通信提供・AP=共同)
ノーベル化学賞を(スクリーン左から)キャロリン・ベルトッツィ、モーテン・メルダル、バリー・シャープレスの3氏に授与すると発表した記者会見=5日、ストックホルム(スウェーデン通信提供・AP=共同)
2022年10月05日
共同通信共同通信

 【ストックホルム共同】スウェーデンの王立科学アカデミーは5日、2022年のノーベル化学賞を、狙った化合物を素早く作れる「クリックケミストリー」という手法の開発に貢献した、米スクリプス研究所のバリー・シャープレス教授ら3人に授与すると発表した。

 シャープレス氏は01年に野依良治氏らと共にノーベル化学賞を受賞しており、2回目の受賞となる。他の2人は米スタンフォード大のキャロリン・ベルトッツィ教授と、デンマークのコペンハーゲン大のモーテン・メルダル教授。

 授賞理由は「クリックケミストリーと生体直交化学の発展」。

 授賞式は12月10日にスウェーデンで開かれる。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/