×
メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

最も遠くの暗黒物質を検出 約120億光年、名古屋大など

2022.8.6 15:35 共同通信

「重力レンズ効果」のイメージ。約138億光年先のビッグバン直後の宇宙(右奥)と約120億光年先の銀河周辺(手前)。光が暗黒物質の重力で曲がっている(名古屋大提供)

 約120億光年離れた銀河周辺の暗黒物質(ダークマター)を検出したと名古屋大などのチームが発表した。これまでの検出例の中では最も遠いという。暗黒物質は宇宙のエネルギーの約27%を占め、銀河の形成に必 ...

関連記事 一覧へ