メニュー 閉じる

47News

社会

社会

全壊家屋、断層真上に集中 熊本地震被災地で5割超

2017.5.20 7:12 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
熊本地震で、活断層による地盤のずれで破壊された古い木造家屋の基礎部分=2016年5月、熊本県御船町(久田嘉章・工学院大教授提供)

熊本地震で、活断層による地盤のずれで破壊された古い木造家屋の基礎部分=2016年5月、熊本県御船町(久田嘉章・工学院大教授提供)

 昨年4月の熊本地震で被災した熊本県御船町内で、地表に現れた断層の真上に建てられた家屋の全壊率が5割を超え、断層周辺と比べて被害が集中していたとの調査結果を久田嘉章・工学院大教授(地震工学)らがまと ... [記事全文]

関連記事一覧