メニュー 閉じる

47News

社会

社会

高病原性鳥インフル、今季全国初の検出 松江の宍道湖 

2017.11.10 15:00 山陰中央新報
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 環境省と島根県は9日、松江市宍道町の宍道湖南岸で回収した雄のコブハクチョウの死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)を検出したと発表した。今シーズン全国で初めて。 死骸は5日に見つ ... [記事全文]

関連記事一覧