メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

アンモナイト新種の化石と判明 北海道、まるでソフトクリーム?

2021.1.24 15:56 共同通信
殻がソフトクリームのような形をした新種のアンモナイト「エゾセラス・エレガンス」の復元画(三笠市立博物館提供)

殻がソフトクリームのような形をした新種のアンモナイト「エゾセラス・エレガンス」の復元画(三笠市立博物館提供)

 北海道の三笠市立博物館は24日までに、羽幌町の約9千万年前の白亜紀の地層で見つかった化石が、アンモナイトの新種と判明したと発表した。殻がソフトクリームのようなユニークな形をしており、ラテン語で「蝦 ...

関連記事 一覧へ