メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

はやぶさ2の帰路捉えた 国立天文台すばる望遠鏡

2020.11.26 19:54 共同通信
すばる望遠鏡が捉えたはやぶさ2の姿。画像中央の円の中に、暗く写し出されている(国立天文台提供)

すばる望遠鏡が捉えたはやぶさ2の姿。画像中央の円の中に、暗く写し出されている(国立天文台提供)

 国立天文台は26日、小惑星りゅうぐうの探査を終えて地球へと帰る探査機はやぶさ2の姿を、米ハワイ州のすばる望遠鏡で捉えたと発表した。地球から580万キロ離れたカシオペヤ座の方向を飛行する姿が、小さな ...

関連記事 一覧へ