メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

温暖化で大雨の頻度3.3倍に 瀬戸内地域で、気象研分析

2020.10.20 21:26 共同通信
過去30年で、地球温暖化によって増えた大雨の日。色が濃いほど大雨の日が増加している(気象研究所提供)

過去30年で、地球温暖化によって増えた大雨の日。色が濃いほど大雨の日が増加している(気象研究所提供)

 気象研究所などのチームは20日、地球温暖化の影響で、2018年の西日本豪雨のような大雨が瀬戸内地域で起きる頻度は3.3倍に増えたとの分析結果を明らかにした。チームは「最近、異常気象だと言う回数が増 ...

関連記事 一覧へ