メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

レーザー測距、小さく安く 「フォトニック結晶」利用

2020.7.2 8:46 共同通信
「2次元フォトニック結晶」レーザーを使い、対象までの距離を測定する装置

「2次元フォトニック結晶」レーザーを使い、対象までの距離を測定する装置

 光線が広がることなく遠くまで届く新開発のレーザーを使い、対象までの距離を測定する装置を作ったと、京都大の野田進教授と光センサーメーカー北陽電機(大阪市)のチームが2日までに発表した。光の進路を精密 ...

関連記事 一覧へ