メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

大分空港、小型衛星発射拠点に 米企業と提携、22年開始目指す

2020.4.3 21:28 共同通信
米企業「ヴァージン・オービット」が実施した、航空機からロケットを切り離す実用実験の様子=2019年7月(同社提供)

米企業「ヴァージン・オービット」が実施した、航空機からロケットを切り離す実用実験の様子=2019年7月(同社提供)

 大分県は3日、小型衛星打ち上げ事業を手掛ける米企業「ヴァージン・オービット」と提携し、大分空港(国東市)を航空機を活用した「水平型打ち上げ」の拠点にする計画を発表した。2022年の打ち上げ開始を目 ...

関連記事 一覧へ