メニュー 閉じる
社会

社会

131億光年先の銀河合体を観測 電波望遠鏡でとらえる

2019.6.18 0:24 共同通信
アルマ望遠鏡などの観測による合体銀河の合成画像(国立天文台などの研究チーム提供)

アルマ望遠鏡などの観測による合体銀河の合成画像(国立天文台などの研究チーム提供)

 地球から131億光年離れた宇宙で二つの銀河が合体している証拠をとらえたと、国立天文台などの研究チームが17日、発表した。宇宙の果てから飛んでくる電波を観測するアルマ望遠鏡(チリ)を用いた成果で、観 ...

関連記事 一覧へ