メニュー 閉じる

47News

社会

社会

「海洋放出」に波紋 第1原発トリチウム水、増え続け処分に苦慮

2017.7.16 16:08 福島民友新聞
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
トリチウム水が保管されたタンク群を視察する小委員会の山本委員長(右から2人目)ら=15日午後、福島第1原発

トリチウム水が保管されたタンク群を視察する小委員会の山本委員長(右から2人目)ら=15日午後、福島第1原発

 東京電力福島第1原発の地上タンクで保管が続く放射性トリチウムを含む水は増え続け、廃炉作業のリスク要因となっている。東電の川村隆会長が、トリチウムを含んだ水を海に放出する判断を「もうしている」と発言し ... [記事全文]

関連記事一覧