東日本大震災後も福島県内に足を運び、県民に元気 1日に死去したアントニオ猪木さん

東日本大震災の復興支援として開催した元気祭りの会場で、立谷市長(左)らと掛け声を上げる猪木さん(中央)=2014年7月21日、相馬市
東日本大震災の復興支援として開催した元気祭りの会場で、立谷市長(左)らと掛け声を上げる猪木さん(中央)=2014年7月21日、相馬市
2022年10月02日
福島民報福島民報

 「燃える闘魂」のキャッチフレーズで昭和、平成のプロレスブームをけん引し、参院議員も務め、1日に死去したアントニオ猪木さんは東日本大震災と東京電力福島第1原発事故発生後、県内に足を運んで県民に元気を与 ...

記事全文を読む