落語家の三遊亭円楽さんが死去 72歳、「笑点」などで人気

六代目円楽を襲名した三遊亭楽太郎さん=2010年3月、東京都内のホテル
六代目円楽を襲名した三遊亭楽太郎さん=2010年3月、東京都内のホテル
2022年09月30日
共同通信共同通信

 テレビの演芸番組「笑点」などで人気の落語家三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名会泰通=あい・やすみち)さんが9月30日、肺がんのため死去した。72歳。東京都出身。葬儀は近親者で行う。後日、お別れの会を開く予定。

 1970年、五代目円楽さんに入門。楽太郎として活動し、77年には27歳で「笑点」の大喜利メンバーに。81年に真打ちに昇進した。2010年には六代目円楽を襲名した。

 18年に初期の肺がんを公表し、手術を受けた。19年には脳腫瘍の診断を受け、一時入院。今年1月25日には脳梗塞で入院していた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/