劇作家の宮沢章夫さんが死去 文筆活動や演出でも活躍

宮沢章夫さん
宮沢章夫さん
2022年09月20日
共同通信共同通信

 エッセーや小説など幅広い文筆活動で知られた劇作家で演出家の宮沢章夫(みやざわ・あきお)さんが12日、うっ血性心不全のため東京都内の病院で死去した。65歳。静岡県出身。葬儀は近親者で行われた。喪主は妻千景(ちかげ)さん。

 多摩美術大を中退後、放送作家に。1985年、竹中直人さんやいとうせいこうさんらと演劇ユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を結成、作・演出を手がけた。90年、劇団「遊園地再生事業団」を旗揚げし、92年上演の「ヒネミ」で岸田国士戯曲賞を受賞。淡々と過ぎる日常の不条理を描く作風で知られた。

 評論やエッセーの分野でも活躍した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/