日本、コロナ新規感染3番目に 最多は10週で脱す

世界保健機関(WHO)本部=2020年、スイス・ジュネーブ(ロイター=共同)
世界保健機関(WHO)本部=2020年、スイス・ジュネーブ(ロイター=共同)
2022年10月06日
共同通信共同通信

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス感染症の集計で、9月26日~10月2日の週間感染者数が、日本は前週比43%減の30万6958人で、40万人のドイツ、31万人の米国に次いで3番目となった。日本は7月中旬以降、10週連続で新規感染者数が世界最多を記録してきたが今回は脱した。

 日本では9月26日から、全国で感染者の全数把握の簡略化が導入されており、今回の集計結果にはこの影響も出ている。各国でも検査規模の縮小が進んでいるため、WHOは感染状況の実態把握や変異株の出現の速やかな覚知に向け、警戒態勢の維持を訴えている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/