AIRDOとソラシドが経営統合 中堅航空2社、羽田で記念式典

経営統合の記念式典に出席したエア・ドゥの草野晋社長(中央左)とソラシドエアの高橋宏輔社長(同右)=3日午後、羽田空港
経営統合の記念式典に出席したエア・ドゥの草野晋社長(中央左)とソラシドエアの高橋宏輔社長(同右)=3日午後、羽田空港
2022年10月03日
共同通信共同通信

 中堅航空会社で北海道地盤のAIRDO(エア・ドゥ、札幌市)と九州・沖縄を中心とするソラシドエア(宮崎市)は3日に経営統合し、東京・羽田空港で記念式典を開いた。新型コロナウイルス禍の影響で業績が悪化する中、両社の施設や人員を効率的に活用して生き残りを図る。

 両社は共同持ち株会社「リージョナルプラスウイングス」(東京)を3日付で設立し、傘下に入った。持ち株会社の社長にはソラシドエアの高橋宏輔社長が、会長にはエア・ドゥの草野晋社長がそれぞれ就任した。

 エア・ドゥとソラシドエアは人事交流や合同でキャンペーンを実施するなど協業を始めている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/