予備費3.5兆円支出決定、政府 物価高とコロナ対応

閣議に臨む(左から)斉藤国交相、岸田首相、高市経済安保相=20日午前、首相官邸
閣議に臨む(左から)斉藤国交相、岸田首相、高市経済安保相=20日午前、首相官邸
2022年09月20日
共同通信共同通信

 政府は20日の閣議で、物価高騰と新型コロナウイルスへの対応として、2022年度予算の予備費から総額3兆5千億円の支出を決めた。ガソリンなど燃油補助金を年末まで続けるために1兆3千億円を支出。所得が少なく住民税が非課税となっている約1600万世帯を対象に1世帯当たり5万円の給付金を支給する。

 給付金は値上がりが続く電気代や食料品の家計負担を軽減するのが狙い。総額9千億円を支出する。物価高対策では地方創生臨時交付金の増額や酪農家らが使う飼料代の負担を減らす対策も講じる。

 コロナ対応では自治体が病床確保に活用できる「緊急包括支援交付金」増額に8千億円を充てる。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/