×
メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

参院選への訴え 柿の木農場(長野市)社長の清水信夫さん 急激なコスト高 防いで

2022.7.5 19:00 信濃毎日新聞

■【信州経済の視座から】⑤ —世界情勢や為替などの環境の変化で、事業はどんな影響を受けているか。 「従業員58人でエノキタケを年間約1600トン生産している。施設栽培で使用する燃料や、エノキタケの培地 ...

関連記事 一覧へ