草間弥生さんの南瓜が復活、香川 直島のシンボル、台風で損壊

復元された草間弥生さんの作品「南瓜」=4日午前、香川県直島町
復元された草間弥生さんの作品「南瓜」=4日午前、香川県直島町
2022年10月04日
共同通信共同通信

 瀬戸内海の直島(香川県直島町)の突堤に設置されてシンボルとして親しまれ、昨年の台風で壊れた世界的芸術家、草間弥生さんの作品「南瓜」が復元され、4日、お披露目会が開かれた。

 作品は黄色いカボチャの形で高さ2メートル、幅2.5メートル。管理するベネッセホールディングスによると、1994年に直島で開催された美術展で突堤の先端部分に設置された。昨年8月9日、台風9号に伴う強風で海に投げ出され、三つぐらいに割れた。復元に際し、素材の繊維強化プラスチックを厚くして耐久性を強め、短時間で撤去できるようつり具も取り付けられるようにした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/