コウノトリ2羽を放鳥、兵庫 養父市内で5月にふ化

飛び立つコウノトリ=27日午前、兵庫県養父市
飛び立つコウノトリ=27日午前、兵庫県養父市
2022年09月27日
共同通信共同通信

 兵庫県養父市は27日、5月に市内でふ化した国の特別天然記念物のコウノトリ2羽を、順調に成長したとして放鳥した。曇り空の下、午前10時過ぎに木製の箱から1羽ずつ放たれると、見守っていた地元住民らから歓声が上がった。

 市環境推進課などによると、今回の2羽は東京都日野市の多摩動物公園で産卵され、近親交配を防ぐため、養父市でうまれた卵と交換しふ化した。担当者は「無事定着し、自然豊かな市のシンボルになれば」と話した。

 国内の野生のコウノトリは1971年に絶滅したが、兵庫県立コウノトリの郷公園などが人工繁殖や放鳥に取り組み、現在は国内に約300羽生息するとみられる。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/