×
メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

節分の縁起物作り最盛期、和歌山 熊野速玉大社

2022.1.20 15:13 共同通信

熊野速玉大社で最盛期を迎えている「吉兆」作り=20日午前、和歌山県新宮市

 2月3日の節分を前に和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社で、柳の小枝に色とりどりの飾りを付けた縁起物の「吉兆」作りが最盛期を迎えている。20日は、みこ2人が「もち花」と呼ばれるピンクや黄、白など ...

関連記事 一覧へ