メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

山あいの小さな蔵で新酒の仕込み 相模原市の久保田酒造

2020.10.24 16:17 共同通信
蒸し米を釜から蔵人が持つおけに移す久保田酒造の杜氏で社長の久保田徹さん=24日午前、相模原市緑区

蒸し米を釜から蔵人が持つおけに移す久保田酒造の杜氏で社長の久保田徹さん=24日午前、相模原市緑区

 相模原市緑区の久保田酒造で24日、日本酒の本格的な仕込みが始まった。山あいの小さな酒蔵で、朝から蒸し上がったコメから「米こうじ」を作る作業などが行われた。タンクに移して発酵させて、12月1日から新 ...

関連記事 一覧へ