メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

大阪の造幣局で貨幣大試験 148回目、明治以来の恒例行事

2019.10.21 12:39 共同通信
大阪市の造幣局で開かれた「製造貨幣大試験」。右は遠山清彦財務副大臣=21日

大阪市の造幣局で開かれた「製造貨幣大試験」。右は遠山清彦財務副大臣=21日

 貨幣が規定を満たす重さで製造されているかどうかを調べる恒例の「製造貨幣大試験」が21日、大阪市北区の造幣局で開かれた。貨幣の信頼を維持するため1872(明治5)年から実施している行事で、今年で14 ...

関連記事 一覧へ