メニュー 閉じる

47News

社会

社会

消える「龍馬上陸の地」 島原・船津地区 高潮被害で埋め立てへ 関係者「残してほしい」

2018.2.13 14:55 西日本新聞
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
坂本龍馬の「長崎上陸の地」とされる船だまり

坂本龍馬の「長崎上陸の地」とされる船だまり

 明治維新の立役者、坂本龍馬の「長崎上陸の地」とされる島原市船津地区の船だまりが、来年度から市が行う埋め立て工事で消えようとしている。工事は有明海の高潮による住宅地の浸水被害を防ぐためだ。今年は明治維 ... [記事全文]

関連記事一覧