メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

原発問題

処理水タンクの2割「低濃度」 東電、優先して放出へ

2021.5.13 6:00 河北新報

 東京電力福島第1原発の放射性物質トリチウムを含む処理水を保管するタンクのうち、約2割のトリチウム濃度が、現在保管中の全体平均濃度の半分以下になっていることが東電への取材で分かった。処理水を海洋放出す ...

関連記事 一覧へ