メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

原発問題

【焦点】消防団員、10年で4000人以上減 3県の被災自治体 津波被害に不安も

2020.12.3 11:35 河北新報

 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県の計42市町村の消防団員が、震災後に4000人以上減少したことが河北新報社のまとめで分かった。10年間で6分の1近い団員が失われたことになり、地域防災力の低 ...

関連記事 一覧へ