メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

原発問題

福島第1原発、デブリ搬出を検討 段階的に拡大、1日数キロへ

2019.12.3 6:02 共同通信
原子炉格納容器内に機器を入れ、燃料デブリの可能性がある堆積物を持ち上げた調査の様子=2月、福島第1原発2号機(東京電力提供)

原子炉格納容器内に機器を入れ、燃料デブリの可能性がある堆積物を持ち上げた調査の様子=2月、福島第1原発2号機(東京電力提供)

 福島第1原発2号機で2021年中に開始予定の溶融核燃料(デブリ)取り出しに関し、政府と東京電力が、まず1グラム程度を試験的に数回取り出した後、搬出量を1日当たり数キロにまで段階的に拡大し、数年間搬 ...

関連記事 一覧へ