メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

原発問題

第一原発処理水の海洋放出 年間線量3300分の1 経産省試算 自然被ばくと比較

2019.11.19 8:18 福島民報

 経済産業省は東京電力福島第一原発で発生し続ける放射性物質トリチウムを含んだ処理水を一年間で海洋に全量放出した場合、追加被ばく線量は一般の人の年間被ばく線量の約三千三百分の一~約四万分の一にとどまると ...

関連記事 一覧へ