メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

原発問題

女川原発事故を想定で訓練、宮城 30キロ圏内の住民避難

2019.11.13 12:09 共同通信
東北電力女川原発事故想定の避難訓練で、放射性物質の検査を受ける住民(右から2人目)=13日午前、宮城県東松島市

東北電力女川原発事故想定の避難訓練で、放射性物質の検査を受ける住民(右から2人目)=13日午前、宮城県東松島市

 宮城県などは13日、東北電力女川原発2号機(石巻市、女川町)の事故想定で、原発から30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)の住民を対象にした避難訓練をした。2号機は、原子力規制委員会の審査合格が近づ ...

関連記事 一覧へ