メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

原発問題

<福島第1原発事故>個人・地域の文化財を救え 帰還困難区域で住宅解体進み、自治体急ぐ

2019.8.19 6:05 河北新報

 東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域を抱える福島県の自治体が、個人や地域が所蔵する文化財や歴史資料の救出活動を続けている。同区域でも住宅解体が進み、地域の営みや記憶を伝える資料が消失する恐れが ...

関連記事 一覧へ