メニュー 閉じる
社会

社会

原発問題

<東通原発>審査5年、なお序盤 直下断層巡り議論長期化 再稼働は先行き不透明

2019.7.13 6:05 河北新報

 東北電力東通原発(青森県東通村)の新規制基準適合性審査は、2014年6月の申請から5年が過ぎた。原子炉建屋など重要施設直下の断層に関する議論が長引き、審査は序盤にとどまる。基準地震動(最大想定の揺れ ...

関連記事 一覧へ