メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

原発問題

両候補下北入り「原子力」論戦低調/知事選

2019.5.21 9:00 東奥日報
【写真左】「青森県を最終処分場にしない」と強調した三村知事(左)。右は戸田衛・六ケ所村長=20日午後、村役場前【写真右】下北地域で原子力政策を訴えた佐原候補(中央)。夕方からはむつ市内のミニ集会で支持者らと意見交換した=20日夜、むつ市柳町

【写真左】「青森県を最終処分場にしない」と強調した三村知事(左)。右は戸田衛・六ケ所村長=20日午後、村役場前【写真右】下北地域で原子力政策を訴えた佐原候補(中央)。夕方からはむつ市内のミニ集会で支持者らと意見交換した=20日夜、むつ市柳町

 今回の知事選で、新人・佐原若子(65)、現職・三村申吾(63)の両候補の主張に明確な違いがある原子力政策。両候補は20日、原子力関連施設が立地する下北周辺を回り、原子力政策に対する姿勢・主張を訴えた ...

関連記事 一覧へ