メニュー 閉じる
社会

社会

原発問題

放射性物質空から測定 ドローンで費用、時間減 JAEA、年度内にも実用化

2019.5.10 8:27 福島民報

 日本原子力研究開発機構(JAEA)は、小型無人機(ドローン)を使って上空から広範囲に放射性物質の分布状況を測定し、三次元で示すことができるシステムを開発した。従来は機器を使って徒歩や車両で路上から放 ...

関連記事 一覧へ