海洋放出処理水の安全性、10月分析開始 JAEA、福島第1敷地内の新研究施設公開

個体廃棄物を扱うための「グローブボックス」=大熊町
個体廃棄物を扱うための「グローブボックス」=大熊町
2022年09月26日
河北新報河北新報

 日本原子力研究開発機構(JAEA)は25日、東京電力福島第1原発敷地内に完成した大熊分析・研究センター(福島県大熊町)の第1棟を報道各社に公開した。来春の海洋放出を見込む処理水の分析を担い、第三者の ...

記事全文を読む