安倍氏銃撃現場、慰霊碑見送り 花壇を設置、奈良市長方針

記者会見する奈良市の仲川げん市長=4日午後、奈良市役所
記者会見する奈良市の仲川げん市長=4日午後、奈良市役所
2022年10月04日
共同通信共同通信

 奈良市の仲川げん市長は4日、安倍晋三元首相の銃撃事件が起きた奈良市の近鉄大和西大寺駅近くの現場について、慰霊碑などを置かずに車道として整備し、近くに花壇を設ける方針を記者会見で発表した。

 慰霊碑などの設置は「100年200年先の方が歴史を振り返る時、何かしらの表現をしたいということなら、その時に考えてもらうのは可能。今の時代の人で決めるものではないのかなと思う」と述べ、判断を後世に委ねる考えを示した。

 市によると、安倍氏の政治家としての評価が定まらない中で慰霊碑などを設置することに市民らから疑問の声が上がっていた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/