御嶽山噴火から8年、追悼式 コロナ禍で2年ぶりに遺族参列

噴火から8年となった御嶽山(奥)と追悼式会場の慰霊碑=27日午前、長野県王滝村
噴火から8年となった御嶽山(奥)と追悼式会場の慰霊碑=27日午前、長野県王滝村
2022年09月27日
共同通信共同通信

 58人が死亡、5人が行方不明となった2014年の御嶽山(3067m)の噴火から8年の27日、長野県王滝村の慰霊碑広場で追悼式が行われた。遺族らは午前11時52分の噴火時刻に合わせて黙とうし、献花。コロナ禍で被災者の遺族らの参列は2年ぶり。

 長野県木曽町の原久仁男町長は「あの日から、災害の教訓を未来へ継承し、ともに活動する人を育てていくことが使命だと確信し、歩んできた」とあいさつ。長野県の阿部守一知事は、安倍晋三元首相の国葬を欠席して追悼式に出席した。9月27日を県独自の「火山防災の日」(仮称)と定める方針を明らかにしており、来年までに実現したい考え。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/