北大教員、アイヌに不適切な投稿 SNSに複数回

2023年01月23日
共同通信共同通信

 北海道大は23日までに、教員がSNSに複数回、アイヌ民族が先住民族であることに疑問を呈する投稿をしていたと明らかにした。宝金清博学長は20日「個人的な見解として放置することは、大学も発言を容認しているという誤ったメッセージを発することになりかねず、不適切」とコメントした。

 北大は処分が決まっていないとして教員の氏名や所属、投稿内容を公表していない。今後は教員に指導した上で、再発防止を徹底するとした。処分は「適切に対応していきたい」としている。教員の投稿は市民団体の指摘で発覚した。投稿は既に削除されたという。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/