アニメイト関連会社を告発 4500万円脱税疑い

2022年12月01日
共同通信共同通信

 約4500万円を脱税したとして、東京国税局が法人税法違反などの疑いで、漫画、アニメ関連グッズの専門店「アニメイト」のグループ会社「カードラボ」(東京)と、同社前代表の西浦恵一郎氏(47)を東京地検に告発したことが1日、関係者への取材で分かった。

 同社は「遊戯王」や「ポケモン」などの人気カードゲームのカードの販売やイベントの企画などを手がけてきた。関係者によると、西浦氏は知人から高額な値のつくカードを仕入れたとして、実際には取引のない請求書を作り架空の仕入れ費を計上し、所得を圧縮したとみられる。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/