天皇陛下、前立腺の組織検査 宮内庁、結果は後日公表

前立腺の組織検査を受けるため、東京都内の病院に入られる天皇陛下=27日午前(代表撮影)
前立腺の組織検査を受けるため、東京都内の病院に入られる天皇陛下=27日午前(代表撮影)
2022年11月27日
共同通信共同通信

 天皇陛下は27日、肥大が認められた前立腺の組織検査を受けるため、東京都内の病院に入られた。宮内庁は後日、検査結果を公表する。

 陛下は前立腺がんなどの腫瘍マーカーである「前立腺特異抗原」(PSA)の数値が正常より少し高くなっており、6日に受けたMRI検査で前立腺肥大が確認された。宮内庁は「特に懸念される所見はなかった」としたが、念のため精密な検査をするとしていた。

 陛下は普段通りに過ごしているといい、26日には明治神宮会館(渋谷区)で開催されたボーイスカウト日本連盟創立100周年記念式典に出席した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/