47万羽養鶏場で鳥インフルか 鹿児島、自衛隊派遣要請も

鹿児島県庁で開かれた鳥インフルエンザの対策本部会議で発言する塩田康一知事(右)=17日午後
鹿児島県庁で開かれた鳥インフルエンザの対策本部会議で発言する塩田康一知事(右)=17日午後
2022年11月26日
共同通信共同通信

 鹿児島県は26日、採卵鶏約47万羽を飼育している出水市の養鶏場で、新たに高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例を確認したと発表した。遺伝子検査で陽性と判明すれば、殺処分する。1回当たりの殺処分数としては県内過去最多となり、自衛隊に派遣を要請する方向で調整している。

 県は同日、2例目の高病原性が疑われる鳥インフルエンザウイルス感染が確認された出水市の別の養鶏場で、採卵鶏約7万8千羽の殺処分を完了した。処分した鶏の焼却や、鶏舎消毒などの防疫措置も数日で終える見通し。国が今後、高病原性かどうか確定作業を進める。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/