五輪談合、受注調整で事前決定か 入札半数、参加1社のみ

東京五輪開会式のアトラクションに登場した五輪マークと打ち上げられた花火=2021年7月、国立競技場
東京五輪開会式のアトラクションに登場した五輪マークと打ち上げられた花火=2021年7月、国立競技場
2022年11月26日
共同通信共同通信

 東京五輪・パラリンピックのテスト大会を巡る入札談合事件で、受注調整の疑惑が持たれている業務委託事業26件の一般競争入札のうちほぼ半数が1社しか参加していなかったことが26日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部と公正取引委員会は、事前に受注業者が決まっていた入札があるとみて調べている。

 入札は技術や価格に基づく総合評価方式で、2018年に競技会場1~2カ所ずつ実施された。9社と一つの共同企業体が落札し、契約総額は5億円余り。1件当たりの価格は約400万~約6千万円だった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/